blog

2020/04/25 11:29

Armattan Tadpole 2.5"を組み立てていきます。

今回使うパーツのリストは下記の記事をご参照ください。


Armattan Tadpole 2.5" 組み立て<1>フレーム

https://dayscape.theshop.jp/blog/2020/04/18/161651


モーターを取り付けたまま、ワイヤーの長さを検討してカットします。

モーターのワイヤーも非常に細く、サクサク作業できてしまいますね。



イラストは下記のマニュアルから抜き出したものです。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/2672/8290/files/FD413_Stack_V1.0.pdf?2563


ESCをフレームから取り外し、電源用ピッグテールとモーターをハンダ付します。

電源は基板のオモテを向けた状態で、左側がプラス、右側がマイナスになるようです。



こんな感じでしょうか。

付属品なので当然といえば当然なのですが、ワイヤーの太さもなかなか丁度よく、わざわざ別で用意しなくて良いのはありがたいですね。



ハンダパッドが小さいので、裏面にもしっかりハンダを盛りました。



続いて、モーターのワイヤーをハンダします。こちらもハンダパッドの面積が非常に小さいので、基板の厚さにワイヤーを立てて押し当て、オモテと裏に盛ったハンダをうまく回して取り付けました。軽く引っ張っても全く問題ないので、多分大丈夫なのではないかと思います。



再度ESC基板をフレームに戻してワイヤーのレイアウトを確認します。赤いスペーサーの内側を通るようにしたので、仮にモーターが外れて引っ張られてもスペーサーの弾力で多少守られるのではないかと思います。


ESCにFCと繋ぐためのコネクターがあるので、ここでこのワイヤーも取り付けてしまいましょう。



オモテ面からみて、ESC基板へは一番右が赤いBATのワイヤーになるのですが、コネクターの向きが正しくないとささらないので刺さる方で、一番右が赤なら良いと思います。


コネクターも小さいものなので、力を込めると取れてしまいそうです。うまく接続できない場合は向きをよく確認しましょう。



FCを取り付ける前にFCに接続するものをある程度把握しておきましょう。

今回FPVカメラ、VTXは大体位置が決まってくるかと思っていて、サイズ的に一番心配なのは受信機でした。

受信機は今回もFrSky XM+を使用します。



色々フレームに置いて考えた結果、そんなに場所に選択肢はなさそうだったので少し余裕を持たせてワイヤーを繋いでしまうことにしました。


FrSky XM+はSBUSなので、3本のワイヤーで白がSBUS信号、赤が5V、緑がGNDです。



先ほど出てきたイラストにも表記があるのですが、SBUSの場合FCには上記写真の位置に接続すれば良さそうです。FCオモテ面、白いコネクターのある反対側の列で、一番左を1つ空けて、SBUS、5V、GNDの順番です。さすがにハンダパッドが小さいですね。



初めの想定ではこの形で受信機を置くつもりでしたが、全て組み立てた後にうまく配置できずに、結局受信機は横に向けました。



最終的にはこんな感じです。



受信機をお尻の部分にうまくレイアウトするために、上にピッグテールの接続部分からすぐにスペースを確保できるよう、電源用ピッグテールのハンダを再度溶かして修正しました。



アンテナの配置がなかなか難しく、今回一番時間のかかったところです。

一本めはタイラップを上記写真のようにメインフレームに取り付け、アンテナを熱収縮チューブでタイラップに固定。



2本目のアンテナはとりあえずタイラップに熱収縮チューブで固定して、お尻のアルミパーツにさらにタイラップで括り付けました。



こんな感じですね。ただ、タイラップの細いものを使用している事と、この縦のアンテナを固定しているタイラップがクラッシュ時に切れやすい感じがするので、飛ばしてみて、あまりよくない場合は再度検討して変更しようと思います。


調べて見るとFCスタックの下のフレームにタイラップを括り付け、機体両サイド、アームの間にアンテナを出している人も多いようですね。


いつも自分は受信機のアンテナは最後の方に取り付けるのですが、今回は受信機をちゃんと取り付けるために色々と外して調整し直さなければならなかったので、メインフレームに直接置かれるESCと合わせて受信機やアンテナも取り付けてしまった方が楽かもしれません。


今回はここまでで、次回にFPVカメラとVTX、アンテナを取り付けて完成になります。


20200428 追記-----------


アンテナが原因かどうかわからなかったのですが、変にFPV映像の飛びが悪くなる事があったので受信機のアンテナを機体のお腹から左右にだす形に変更してみました。

お尻の部分がスッキリするので、こちらの方が良いかも知れません。



このブログで使用しているパーツは当店(DAYSCAPE store)でお買い求め頂けます!

是非ショップも覗いていってくださいね。