blog

2019/03/16 16:13

さて、ずっと記事にしてきたMr.Steeleのエイリアンセットのシリーズも今回でいよいよ最終回を迎えます。


今回はPIDとRATEの設定なのですが、こちらはMr.Steeleの設定を完全に真似して、はい終了と言う感じにしてしまうので、それ以上の事は無いのですが、詳しく知りたい方は結構ネットで色々出てくるのでご参考にしてくださいね。


特にRATEに関しては、多くのパイロットが自分の設定値を公開しているので、まずは真似して練習する所からで良いと思います。


と、言うか、僕はそう思ってそうしています。


とは言いつつも、あまり詳しくないなりに頑張って概要を説明するとPIDは機体のハード的なセッティングに合わせて変更するもので、例えばMr.Steeleのエイリアンセットだったとしても、プロペラを別のものにしたら厳密に言うと設定し直すべきもの。


僕はBetafightなんかで機体を作った時にとりあえずデフォルトからはじめて、飛ばしながら問題の解決の為だったり、好みだったりで数値を変えて調整しています。


好みと言うよりはなるべく違和感を消す、と言う感覚でしょうか。


「PID制御」などで検索すると、結構イメージが掴めるのでは無いかと思います。


一方、RATEに関しては人それぞれで好みに設定するもので、機体が変わっても飛ばし方が同じなら、同じ設定でOKです。


逆に、レースしたいとか、フリースタイルしたいとか、そう言う部分で変わってくる可能性が高いです。


これはもう違和感とかではなく、まずはMr.Steeleセッティングを体に叩き込もうと取り組んでいます!


KISS FC設定に関して

KISS V2 What is it? Mr Steele's FPV PIDs/Rates | ETHIX



このビデオで一通りの説明が聴けるのですが、設定値のスクリーンショットがこちら。




初めの方はこれを真似て練習すれば良いかと!



ちなみにこちらが僕の設定値。


AlienはMr.Steeleセッティングのままのため、値は完全にコピーしているのですが、見ていただきたいのはAUX Functionsの部分です。


ArmがHighのみになっているのはフタバのT14SGを使用していて、AUX1をSFスイッチに割り当てており、これは2段階スイッチだからです。


あと、BuzzerもつけたのでAUX4に割り当てています。


もちろん、前回も紹介しましたがレシーバーはFutaba S-Busを選択、違いはこれだけですかね。


Betafightに慣れている方は、KISS GUI上でのRateはBetafightで言うSuper Rate、RC CurveはRC Expoと読み替えて頂けると理解が早いかと。


以上です。


追記



私ごとですがAlienのFPVカメラをFoxeerのPREDATOR MINI V3に交換してみました。


曇りの日に木の枝が見えづらいのが悩みでしたが、結構改善された様に思います。


このカメラかなり色彩が誇張されて見えるのですが、曇りの日や暗い所の状況が随分把握しやくなったと感じます。



Alienに取り付ける場合、PREDATOR MINIはRUNCAM SWIFT2よりひとまわり小さいので FPVカメラに付属しているマウントアダプターを使用して横幅を合わせて、写真の様な感じで取り付けが可能です。


ちなみに、プレデターミニはレンズの規格がRUNCAM SWIFT2と同じだったので交換できます!


最終的に僕はPREDATOR MINIのレンズをMr.Steeleのエイリアンセットで手に入れたRUNCAM SWIFT2の2.5mmレンズに付け替えて使用しています。


プレデターミニ、結構おすすめなので是非お試しください。


さて、次回はMicro Alienの組み立てを記事にしていきたいと思います。


すったもんだ有った末、最終的にU199になったので次回から始まる新シリーズをお楽しみに!


さらに追記!


プレデターミニに関して


通常はセンサーがCMOSとCCDとではレンズの径が合っていても色が紫がかって見えてしまいレンズの付け替えが不可なので、もしかしたらベストな色味で見ている訳ではないのかも知れません。


カメラ側の補正が優秀なのか、気にならずに使えてしまっています。



MR. STEELE ALIEN 4S FULL KIT PDBに関して


PDBに関して記載が漏れていた事に気づいたので追記しておきます。


ちょっと影になっていて見づらいのですが、カメラが起動せずにすったもんだしていた際に、PDB左手のAudの下の7V、5Vの部分をハンダしています。



これがハンダ前のPDBです。


7Vと5Vの間にもう一つ接続部分がありますがこれを5Vの方と繋いでいます。



メーカーの情報を見ると、VTXの電圧によって接続を選ぶ様です。


これはMr.steeleのビデオでも漏れていたのではないかと思うので、注意が必要ですね!




このブログで使用しているパーツは当店(DAYSCAPE storeでお買い求め頂けます!

是非ショップも覗いていってくださいね。